内科

- Internal medicine -

一般内科
感冒、急性気管支炎、インフルエンザ、感染性胃腸炎等の感染症やその他の急性疾患でも気軽に受診して下さい。

高血圧
頭痛、肩こり、めまい、動悸等の症状が出現することがあります。
自覚症状が無くても血圧が高い方や、早朝や緊張した時だけ血圧が上昇する方も注意が必要です。

糖尿病
悪化すると、のどが渇き、頻尿、体重減少等の症状が出現します。 稀なタイプの糖尿病では、若い方や痩せている方でも発症しますので注意して下さい。

高脂血症
コレステロールや中性脂肪が高く、動脈硬化により脳梗塞、狭心症、心筋梗塞になるリスクが高くなります。家族性や甲状腺疾患等が原因となっている場合もあります。

高尿酸血症
尿酸値が高い状態です。飲酒や肉類等のプリン体の多い食生活が原因となることが多いです。腎臓の働きが悪い場合にもなります。
尿酸値が高い状態が持続すると通風発作になりやすくなります。

気管支喘息
感冒や花粉症、気圧の変化等で悪化することがあります。症状が軽い人は咳だけだったり、時々息苦しくなるだけの方もおりますので注意して下さい。

不整脈
動悸やめまい、たちくらみ等が出現することがあります。心電図や24時間心電図で確認が必要です。

狭心症
胸痛や心窩部痛を認めることが多いです。心筋梗塞の前兆の場合もありますので早めの受診が必要です。
また、稀に歯痛や肩の違和感を訴える方もおりますので注意して下さい。

甲状腺機能低下症
だるさ、むくみ、寒気等を認めます。
慢性甲状腺炎(橋本病)等が原因となる事があります。

甲状腺機能亢進症
動悸、体重減少、ふるえ等を認めます。
バセドウ病等が原因となる事があります。

甲状腺腫瘍
頸部の主要で気が付くこともありますが、偶然、甲状腺エコー等で見つかることも多いです。

消化器内科

- Gastroenterological medicine -

逆流性食道炎
胸やけや心窩部痛等が食後に出現しやすくなります。悪化すると常に症状が持続する場合もあります。食道裂孔ヘルニアが原因となることが多く、胃カメラによる診断をお勧めします。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎
心窩部痛、食欲不振等が認められます。
ヘリコバクターピロリ菌の感染が原因となる事があります。

胃がん
早期胃がんは症状が無い場合が多く、たまたま胃カメラ等で見つかる場合もあります。ヘリコバクターピロリ菌の感染が一因と言われています。

大腸ポリープ
腺腫性ポリープはがん化のリスクがあります。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
早期の場合は症状がなかったり、便潜血要請のみの場合があります。進行すると血便や便秘等が出現します。

過敏性腸症候群
胃腸に器質的な問題が無いのに、下痢や腹痛等の症状が出現します。主にストレスや自律神経の問題と考えられています。

胆のうポリープ
大きくなるとがん化のリスクが高くなる場合があります。

胆石症
症状が無く、健診等で見つかる人が多いです。発作的には心窩部痛や胸痛を認めます。大きくなると胆のうがんのリスクが高くなります。

胆のうがん
胆のうポリープや胆石症の人ではリスクが高くなる事があります。

膵炎
心窩部痛や背部痛を認めることが多いです。暴飲暴食がきっかけとなる事があります。

膵がん
進行するまで症状が出現しない事が多いです。
背部の痛みや異物感、体重減少、黄疸が出現します。

肝臓病

- liver -

肝臓病の多くは、ほとんど自覚症状がありません。そのため、実際に症状が発現した時には病状がかなり悪化してしまっている状態になっております。(肝臓が沈黙の臓器と呼ばれる所以です。)
脂肪肝、ウイルス性肝炎、アルコール性肝炎等、いずれの病気も自覚症状が無いからと言って長い間放置しておくと肝硬変や肝臓がんになってしまいます。
健康診断で肝臓を指摘された方は、定期的な診断をすることで病気を未然に防ぎ、早期の治療をすることが出来ます。
当院では日本肝臓学会に所属している院長が適切な診察を行いますので、お気軽にご相談ください。

脂肪肝
高脂血症や肥満、飲酒量が多い方に多く見られます。
悪化すると肝機能障害や将来の肝がんリスクが高くなります。

アルコール性肝障害
状態が持続すると肝硬変になるリスクが高くなります。

急性肝炎
だるさ、食欲不振、黄疸等が出現します。
肝炎ウィルスや薬剤等が原因の事もありますが、原因不明の事も多いです。

肝がん
肝炎ウィルスによる場合が多いですが原因がはっきりしない時もあります。
肝炎ウィルスに感染している方は定期的な観察が必要です。

慢性肝炎
B型、C型等の肝炎ウィルスの持続感染による場合が多いです。最近は薬剤でウィルスを除去できる場合もあります。

内視鏡(胃カメラ)

- Endoscopic internal medicine -

胃内視鏡検査では、消化器系の様々な病気を検査・発見することが出来ます。
以前は口から入れるタイプ(経口内視鏡)の物のみでしたが、現在では技術の進歩によりチューブが細くなり、鼻から挿入することが出来るタイプ(経鼻内視鏡)の物も開発されました。
口から内視鏡(経口内視鏡)を入れると『オエッ』となることがありますが、これは危険な異物が入ってきた時に嘔吐することで異物の侵入を防ごうとする人間の体に備わっている防御反応の一つです。しかし、鼻から内視鏡(経鼻内視鏡)を入れることにより、口の奥にある云わば『異物侵入センサー』をかいくぐる事が出来るので防御反応が起こらないのです。
そのため、経口内視鏡より経鼻内視鏡の方が『痛くない』『苦しくない』と言われています。
では、『内視鏡検査をするなら経鼻の方が良い』と思いがちですが、テレビモニターに映し出される画質は経口内視鏡のほうが、やや鮮明に映し出されます。この違いは、通常の観察では問題ありませんが微細な病変の観察に関しては経口内視鏡のほうが優れています。
どちらの内視鏡が良いのか?という判断基準としては
経口内視鏡の検査をしたことがあり、あまり苦しくなかった方は経口内視鏡
初めて内視鏡検査をする方や経口内視鏡検査をしたときに苦しかった方は経鼻内視鏡
※病状によっては経口内視鏡が良いこともありますので、事前の診察時にご説明申し上げます。
内視鏡(胃カメラ)検査は、気持ちのいいものではありませんし、まして初めて検査をされる方は不安が多くあるかと思います。
しかし、内視鏡(胃カメラ)検査をすることで消化器系の病気を早期発見・早期治療をすることが出来ます。早期胃がんの場合、治癒率は100%近くまで医療は進歩していますので、定期的な検査は非常に重要なことと言えます。
MMテラスクリニックの内視鏡検査は、全て『消化器内視鏡学会専門医』である院長が担当します。2万件以上の検査を行った経験と実績に基づいた技術に加え、最新のオリンパス社製内視鏡システムにより、患者様は最良の環境で苦痛が少ない検査・治療を受けていただくことができます。
分からないことやご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

その他

- other -

花粉症
アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎をきたします。
内服薬、点眼薬、点鼻薬が必要な場合があります。舌下免疫療法を続ける事で症状が軽減すると言われています。

予防注射(自費診療)
高齢者のインフルエンザワクチン肺炎球菌ワクチンの補助がございます。
各種ワクチン対応致しますが、インフルエンザワクチン以外は予約制になります。お電話にてお問合せ下さい。

健康診断(自費診療)
各種健康診断を行っております。
詳しくはお電話にてお問合せ下さい。
一般健診、企業健診、特定健診、横浜市がん検診(胃、大腸、前立腺)

にんにく注射
疲労回復、免疫力アップにお勧めします。
ビタミンB1、B6、Cが入っています。
3,000円(税込)

医院について

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4丁目6-2
みなとみらいグランドセントラルタワー2F

電話番号
045-651-1112
FAX
045-651-1113
診療科目
消化器内科,内科,検診,各種検査
院内の様子
正面入口 待合室 受付 処置室 レントゲン室 内視鏡室