消化器内科

- Gastroenterological medicine -

逆流性食道炎
胸やけや心窩部痛等が食後に出現しやすくなります。悪化すると常に症状が持続する場合もあります。食道裂孔ヘルニアが原因となることが多く、胃カメラによる診断をお勧めします。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎
心窩部痛、食欲不振等が認められます。
ヘリコバクターピロリ菌の感染が原因となる事があります。

胃がん
早期胃がんは症状が無い場合が多く、たまたま胃カメラ等で見つかる場合もあります。ヘリコバクターピロリ菌の感染が一因と言われています。

大腸ポリープ
腺腫性ポリープはがん化のリスクがあります。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
早期の場合は症状がなかったり、便潜血要請のみの場合があります。進行すると血便や便秘等が出現します。

過敏性腸症候群
胃腸に器質的な問題が無いのに、下痢や腹痛等の症状が出現します。主にストレスや自律神経の問題と考えられています。

胆のうポリープ
大きくなるとがん化のリスクが高くなる場合があります。

胆石症
症状が無く、健診等で見つかる人が多いです。発作的には心窩部痛や胸痛を認めます。大きくなると胆のうがんのリスクが高くなります。

胆のうがん
胆のうポリープや胆石症の人ではリスクが高くなる事があります。

膵炎
心窩部痛や背部痛を認めることが多いです。暴飲暴食がきっかけとなる事があります。

膵がん
進行するまで症状が出現しない事が多いです。
背部の痛みや異物感、体重減少、黄疸が出現します。

脂肪肝
高脂血症や肥満、飲酒量が多い方に多く見られます。
悪化すると肝機能障害や将来の肝がんリスクが高くなります。

アルコール性肝障害
状態が持続すると肝硬変になるリスクが高くなります。

急性肝炎
だるさ、食欲不振、黄疸等が出現します。
肝炎ウィルスや薬剤等が原因の事もありますが、原因不明の事も多いです。

肝がん
肝炎ウィルスによる場合が多いですが原因がはっきりしない時もあります。
肝炎ウィルスに感染している方は定期的な観察が必要です。

慢性肝炎
B型、C型等の肝炎ウィルスの持続感染による場合が多いです。最近は薬剤でウィルスを除去できる場合もあります。

医院について

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4丁目6-2
みなとみらいグランドセントラルタワー2F

電話番号
045-651-1112
FAX
045-651-1113
診療科目
消化器内科,内科,検診,各種検査
院内の様子
正面入口 待合室 受付 処置室 レントゲン室 内視鏡室