肝臓病

- liver -

肝臓病の多くは、ほとんど自覚症状がありません。そのため、実際に症状が発現した時には病状がかなり悪化してしまっている状態になっております。(肝臓が沈黙の臓器と呼ばれる所以です。)
脂肪肝、ウイルス性肝炎、アルコール性肝炎等、いずれの病気も自覚症状が無いからと言って長い間放置しておくと肝硬変や肝臓がんになってしまいます。
健康診断で肝臓を指摘された方は、定期的な診断をすることで病気を未然に防ぎ、早期の治療をすることが出来ます。
当院では日本肝臓学会に所属している院長が適切な診察を行いますので、お気軽にご相談ください。

脂肪肝
肝臓は脂肪酸から中性脂肪をつくり、肝細胞の中にため、エネルギーとして必要とされる分を放出しています。しかし消費するエネルギーよりも作られた中性脂肪のほうが多いと、肝細胞に中性脂肪が蓄積されていってしまいます。このように中性脂肪が蓄積し、全肝細胞の30%以上が脂肪化している状態を「脂肪肝」といいます。
脂肪肝は、「脂肪肝⇒脂肪性肝炎⇒肝硬変⇒肝がん」へと進行することがあります。
上述のように脂肪肝の原因は使い切れなかったエネルギーが肝臓に溜まりすぎることが原因の為、暴飲暴食を避け、適度な運動を行うことが大切です。

アルコール性肝障害
アルコールは胃や腸から吸収され、肝臓で分解・処理されます。肝臓がアルコールを分解する時、肝細胞に形や働きの変化が起こりますが体内のアルコールがなくなると肝細胞は再び正常な状態に戻ります。
しかし、大量のアルコールを長期間に渡って摂取し続けると、肝臓の自己再生が追い付かなくなってしまい、細胞に炎症が起こったり、細胞の一部が破壊されて代わりに線維の組織が増殖したりすることで、肝臓の働きが衰えてくるようになります。これがアルコール性肝障害です。
アルコール性肝障害は、「アルコール性脂肪肝」の状態から始まり、アルコールの過剰摂取を続けていると「アルコール性肝炎」、「アルコール性肝線維症」へと進行し、最終的には「アルコール性肝硬変」になる危険性があります。

ウイルス性肝障害
肝炎ウイルスの感染によって生じる肝臓の炎症性疾患をいいます。
ウイルスの初感染時に急激に発症する急性肝炎と、ウイルスが持続感染をして生じる慢性肝炎に分類されます。現在判明している肝炎ウイルスには、A型、B型、C型、D型、E型があります。D型はB型ウイルスと重感染する特殊なウイルスであり、日本ではほとんど認められていません。
(1) A型肝炎
貝類、カキなどの生食によってウイルスが経口感染し、2-6週の潜伏期の後、発症します。通常、1-2ヶ月で完全に治癒し、慢性化はしません。
(2) B型肝炎
血液、体液を介した感染形態を示しますので、B型肝炎ウイルス感染者の血液が体内にはいったり、感染者と性交渉を持ったりすることで感染します。潜伏期は1-6ヶ月であり、通常3歳以降の感染では一過性感染で治癒しますが、近年、性交渉などで感染した後、慢性化しやすい欧米型のB型ウイルスによる急性肝炎が、都市部を中心に散見されています。
(3)C型肝炎
B型同様、血液と体液を介した感染形態を示し症状も類似しますが、70-80%の症例で慢性化します。現在、輸血用血液に関しては、B型、C型ウイルスの検査が行われており輸血を介した感染は殆どありませんが、過去の輸血経験や血液製剤使用を原因とする慢性肝疾患が社会的問題となっています。
(4)E型肝炎
A型同様、経口感染の形態をとりますが、主に豚、猪、鹿などの生肉を介して感染します。劇症化は2-5%に出現しますが、慢性化はしません。

医院について

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4丁目6-2
みなとみらいグランドセントラルタワー2F

電話番号
045-651-1112
FAX
045-651-1113
診療科目
消化器内科,内科,検診,各種検査
院内の様子
正面入口 待合室 受付 処置室 レントゲン室 内視鏡室